破損してしまったギヤチェンジシャフトの修理依頼、国内在庫がなく、入荷予定も
無いため、破損したシャフトの中間付近を切断して、新たに高炭素鋼の丸棒を
溶接して、折れた部分を製作することに、溶接まで完了したのが上の写真。
完成後の写真、ノーマルは、太い部分から、急激に細くなっているために、力が細くなった付け根に集中し
耐え切れずに破損したと考え、新しく製作したものは、テーパー部分を十分に確保して、強度を確保
焼き入れ 焼き戻しで硬さと強靭さを持たせました。