長年の使用でキックシャフト部分からのオイル漏れが止まらなくなってしまい
悩んでいたユーザーのために検証
 キックシャフトを支える部分の穴が摩耗して測定の結果すき間が0.5mm以上
あることが判明、これではシールを新しくしても絶対に止めることはできません
本来であれば、高額なケースカバー交換と行きたいところですが、KOの技術で
安上がりに 新品より確実に漏れを止めます。

シール穴で芯を出した後、マイクロボーリングヘッドでボーリング加工して

 
ボーリング完了

 
テフロンコーティングブッシュを圧入、 これですき間は0.1mm以下になり
漏れも完全に解決
ブッシュが摩耗したら抜き替えて安上がりに乗れ キックも軽くなり ユーザーさん
大喜びでした。